職種紹介
job

営業職の役割

営業職の役割

土木建設現場から排出される土壌や汚泥を処理しリサイクルするサンコーリサイクル。その中で営業が担うは、お客様にリサイクル技術を提案し、受注につなげることです。具体的な仕事としては、土木・建設工事を行う大手ゼネコンを中心に訪問し、工事情報等をもとに汚泥や汚染汚泥処理をご提案。それに合わせて建設現場の様子や工期など、詳細を把握して作業の段取り、売上や原価管理、費用の見積もりを行います。さらに受注後には、定期的に現場に顔を出し、スムーズに進んでいるのかもサポートしています。

プラントオペレーター職の役割

プラントオペレーター職の役割

建設現場などから自社プラントに搬入された「汚染土壌」「建設汚泥」「汚染汚泥」。サンコーリサイクルでは、これらの土壌・汚泥に対して洗浄や有害物質の除去といった処理をほどこし、リサイクルや最終処分につなげています。プラントオペレーターは、こうした一連の処理の全体管理を担当。運ばれてきた汚泥を重機で機械に投入する作業の他、薬品の添加量や水の管理、リサイクル品の管理等に加え、自ら機械を操作して洗浄処理やリサイクル品の製造も行います。各種データを適切に読み取りながら、処理力の低下や設備の不具合などを見極めるのもプラント管理の重要な役割です。

ドライバーの役割

ドライバーの役割

土木現場や建設現場からは輩出される「汚染土壌」「建設汚泥」「汚染汚泥」は、自社のプラントにて処理をするために運搬する必要があります。そこで必要不可欠なのが、ドライバーの存在です。サンコーリサイクルでは、汚染土壌を運搬するための平ダンプを保有。ドライバーは、そのダンプにて建設現場へ出向き、自社プラントへと運搬しています。愛知県内を中心とした現場へ、自社とのピストン走行を1日平均3~5回ほど繰り返します。